自分らしくより良い人生を歩むための『こころの時間』

> ヒプノセラピー

ヒプノセラピー


ヒプノセラピー

いま、何についてお悩みですか?



自分らしさ(個性)が見いだせない
他人にどう思われているかという不安や恐怖心から抜けだしたい
傷ついた心(トラウマ)から解放されたい
孤独感から解放されたい
自分の気持ちを素直に相手に伝えられるようになりたい
過去に伝えきれなかった気持ちや後悔を断ち切りたい
失った自信を取り戻し自分を肯定したい
社会に役立つ自分の才能を見出したい


ピプノセラピー「催眠療法(さいみんりょうほう)」-HypnoTherapy-



ヒプノセラピー(催眠療法)とは、1843年にジェームズ・ブレイド(英国マンチェスターの外科医)が(ギリシャ語ヒプノス;催眠)から命名され、1958年に米国医師会が認めた療法です。

セラピーの流れと目的



まずはじめに来談者さん(クライアント)のお悩み、課題をセラピストとの対話で丁寧に確認しながら明確にしていきます。【※初めてのご利用の方は、お手数ですが当院のトップページより電話、メールまたはLINEにて事前相談&カウセリング希望(無料)を明記の上お問合せ下さい。】その後、セラピスがクライアントのペースでリラックスした催眠状態に誘導します。リラックスした催眠状態では、潜在意識へのアクセスが容易になるため、自分の内側からイメージや記憶や感情を感じる体験をしたり、自分で作成した暗示文や自分が理想とするイメージを用いながら、@さまざまな気づき(悩みとなるクセやストレスの原因を理解する)Aさまざまな築き(より良い生活習慣を創る)Bさまざまな癒し(心の問題、トラウマの軽減や解消)を体験します。

催眠(さいみん)状態について



催眠状態とは、実は誰もが1日に何度も体験している状態です。つまりセラピストによる魔法でもコントロールでもありません。ごく自然に日常的に体験している状態です。例えば映画を見ているとき映画の登場人物になったかのような感覚になったり、大好きな本を夢中で読んで時間を忘れたり、熱心にスポーツを見ている時や実際にプレイしている選手がボールが止まって見える『ゾーン』と呼ばれる状態が挙げられます。これらは共通して『意識がとてもハッキリとした集中状態』であり変性意識状態(へんせいいしきじょうたい):催眠状態と呼ばれています。 また催眠状態にはいっている人は、これに気がついていないことがあります。催眠状態とはどのような状態かというと脳波も眠っているのではなく、目覚めている状態であることが分かっているため、リラックスした集中状態と呼べるのです。

安全な理由



安全な理由は、クライアントがセラピストにより催眠状態(変性意識状態、ゾーン)に誘導されますが、常にクライアントである“自分の意志”で催眠状態をコントロールできるからです。つまり意識がはっきりしたままリラックスした集中状態を体験しているため、意志に反して言いたくないことを言わされたり明かされることも催眠から抜け出せなくなることも無理に操られるマインドコントロールされることもありません。またセラピストは、クライアントに常に耳を傾ける姿勢を崩さないため“クライアント中心の自己催眠(じこさいみん)”であると言われています

当院のヒプノセラピー項目



胎児期、幼少期、幼年期にさかのぼり癒していく『年齢退行(ねんれいたいこう)療法』や記憶をさらにさかのぼり癒していく『前世(ぜんせい)療法』や愛する家族との突然の別れを癒すための『悲嘆(ひたん)療法』等の項目があります。私達は、潜在意識にアクセスすることでこの領域に無数にある様々な記憶、感情、感覚、イメージを追体験することが可能になります。そして@自分本来のありたい姿に『気づく』A現在かかえている問題の『原因の確認や軽減、解消』B“生と死”、“愛と恐怖”、“自分とソウルメイト”等対する新たな『理解と気づき』という『必要な体験』をすることで心から癒されていきます。

認定資格一覧



2014年日本ホリスティックアカデミー認定 ヒプノセラピーベーシックコース修了
2015年日本ホリスティックアカデミー認定 前世療法・プロフェッショナルコース修了
2015年『前世療法』著者 ブライアン・L・ワイス博士認定 前世療法ワークショップ修了
2016年日本ホリスティックアカデミー認定 年齢退行療法修了
2017年一般社団法人ターミナルヒプノアソシエーション認定 ターミナルヒプノ®ベーシックコース修了

料 金


初回時1セッション \¥27,000(約3時間)

2回目以降  \¥18,000(約2時間) 

ロングセッション¥54,000(約6時間)

連携させていただいている医院

  • ヒプノセラピー
  • ヒプノセラピー
  • ヒプノセラピー
  • icon
    バックリンク(0) 参照(310)